Read Article

ツボ処方とは

ツボ処方とは何か?なぜ必要なのか?

ご存知の方もいるかもしれませんが、ツボにはさまざまな作用があります。

しかし、その処方を誤ればせっかくの作用も十分に活かすことは出来なくなってしまいます。例えば、皆さんがご家庭で、闇雲にツボを押してみても思うように効果が出ないのは、このような理由があるからだと言えるでしょう。体質に合ったツボに刺激を行ってないからです。

中医学を実践する当院では、ツボの効能・作用を十分に活かすため患者さん一人ひとりの体質、病状にあわせて、最も効果の高いツボを組み合わせた処方と治療を行っています。

当院のツボ処方は、漢方の処方と同じように中医学の理論(鍼灸処方経穴学)に則した配穴をしており、より高い効果が得られます。このように、ツボの処方配穴とは全ての患者さんに対して決まった場所に全く同じように鍼治療を行うのではなく、また患っているところだけに鍼治療を行うものでもございません。

ツボ処方は患者さん1人1人の細かな症状にあわせたオーダーメイドの治療を行うことを意味するのです。要するに、施術者がどれだけ経穴ツボに対して学識と臨床経験を積んでいるかに関わってきます。経穴ツボは、1穴1穴作用効能があり違いがあります。このツボは、エネルギーを通す道筋の上にあります。これらを巧みに使いこなすことが大事で、そこでツボ(経穴)とツボ(経穴)を組み合わせて、患者さんの症状に合わせられた選穴が必要なのです。それにより、治療効果が高まります。
理論と経穴への認識が必要になってくるのです。

学識と臨床経験不足による深い理論もなく、凝っているところ、患っている部分に鍼を打つのは如何なものかなと思います。尚、鍼の本数を多く打てば良いという事でもございません。経穴の組み合わせ次第によっては、特に慢性疾患やアトピー・アレルギー疾患・冷え性・不妊症などの体質改善を必要としている方に、症状治療の結果を左右すると言っても過言ではないかと思います。
皆様、健康回復のため、鍼治療を受ける際には色々と下調べをしてから受診された方が良い結果が伴ってきます。

Return Top