Read Article

未病外来とは?

未病外来(予防養生アンチエイジング)

検査したが数値や所見的には問題がなく、しかし自覚症状がある状態のこと。

これを中医学(東洋医学)では「未病」といいます。

 

いまひとつ体がスッキリしない、心身的にも不安な状態だと感じているのに、医療機関を受診しても「気のせいでしょう」「加齢的なものでしょう」「様子をみましょう」などと片付けられてしまった経験をお持ちの方、少なくないのではありませんか?数値に出て無いからと言って、このような状態を放っておいて良いのでしょうか?

 

いや、良いことありません。これらは明らかに体が自分自身に信号を送って体調不良を訴え何かしらの手当て治療をして欲しいと伝えている状態なのです。病気の芽が芽生えて来ているということです。このような状態だからこそ早めの治療が必要であると当院は考えております。これが所謂「未病」と言うものです。

 

中医学(鍼灸・漢方)では、このような状態でも治療が可能です。なぜなら中医学の病気の診立ては、検査数値データを中心とした現代医学の病の捉え方と全く違い、人間の体には検査に現れない生命活力エネルギー「気」「血」「水」というものが存在し、これらのバランスが崩れた時に様々な不定愁訢を起こすと考えられております。

 

また検査数値に出てこない体調不良に限らず、慢性的な症状を訴えておられる方にも当てはまります。人の体は症状が慢性化すればするほど、体内の生命活力エネルギーのバランスも崩れてしまいます。故に症状が改善されないのです。元気を取り戻すのに崩れた生命活力のバランスを回復させないといけないのです。

 

因みに中医学では、検査機器類を使用せずにどうやってこれらを見つけ出し判断するかと言いますと・・・伝統中医学理論に基づいた問診です。

様々な角度から細かい問診をすることによって、その患者さんの生活状況食の好み・苦手な季節・精神情緒の具合などを把握し、得た体の情報を参考に総合的に体質・体力・病状を分析します。
そして体内の生命活力エネルギーが何処で、何が、どの様なアンバランス状態になっているかを見つけ出し、じっくりと治療を施していくのです。

 

例:舌の色が白っぽければ冷えタイプ、赤ければ熱がりタイプ、脈が強ければ生命活力が弱ってない、弱ければ生命活力が落ちてきているなど・・・これらと、問診から得た体の情報を照らし合わせ、現在体の中で生命活力がどの様なアンバランスを生じているのかを判断します。

 

尚、未病にはもう一つの意味が含まれています。
それは何かと言いますと・・・中医学では治療よりもむしろ予防こそが重要だと考えております。 疾病になってから治療をするよりも、疾病を防ぐことの方が本来大事であると言う認識です。 中医学は、独特な治療方法を持っております。
鍼灸・漢方・吸玉(カッピング)・推拿(按摩)・気功など伝統的な治療方法が有ります。予防とは、体質の強化、健康の維持、老化を防ぐ、疾病の発生・進行・悪化を防ぐことであります。
中医学は、古代から予防医学に着目した医学であります。
今、現代にこそ必要不可欠な医学とも言えます。
予防とは疾病に成る事を防ぐことと、疾病発生後の病状の悪化を防ぐと言う二つの意味が含まれております。

 

当院では、未病(予防養生アンチエイジングを含む)と体質改善の必要な慢性疾患、喘息・アトピー性皮膚炎・うつ病・冷え性・不眠症・頭痛・突発性難聴・顔面麻痺・過敏性腸症候群(慢性的な下痢症或は便秘症)を常時診ています。これらの中でも特にアトピー・冷え性・不妊症・うつ病を多く診ております。

 

1人でお悩みにならずに、体質改善・中医鍼灸を専門に手掛けている当院へ是非ご相談を!!お役に立てられます様に努めさせて頂きます。

 

〈鍼の匠〉スタッフ一同

Return Top