Read Article

漢方薬を正しく服用するために…

漢方薬を正しく服用するために…

当院に治療へ来る患者様から度々、漢方の相談や「漢方の効果がないのですが…」とか、「漢方を服用しているが体調が思わしくない感じがする」などとお話を聞くことが多く、今回このようなブログを掲載させて頂きました。

 

クリニックや病院などで漢方薬を処方して頂く際のご参考になれば幸いです。

 

日本の大学医学部での東洋医学に関する学習は基本概論だけで少ないため、全ての医師が東洋医学・漢方に関して精通しているとは限りません。もちろん、個人で再度東洋医学の勉強に励み、本場へ留学したり、学識を深めている先生も沢山おります。

本質的な話として、漢方薬は本来、病名に対して漢方薬の処方を出すものではございません。

患者さんの自覚症状・体質を把握し、体力の強弱・病の進行具合、病位、病性なるものを把握して出されるのが本来の漢方薬の出し方なのですが、専門外の医師が本質的な部分を理解していないために、西洋薬の様に、病名・症状に対して漢方薬を出しています。その為、体質等に適合していないと効果が出ない場合があります。

 

医師が漢方に精通しているかどうかの見分け方として、症状以外に対して嗜好や、普段の生活状況、食欲、睡眠、便通などの様々な角度から問診を行っているか

そして、脈の打ち方を診ているか、舌の色や形、舌に付着している苔の具合を診ているか

これらの診察行為を行わなければ、患者の体質や病位・病性を把握出来ませんので、適格な漢方を処方することは難しいかと思われます。

(※注意が必要なのが、体質を判断していなくても、まれに一致することがあり、そのような場合効果がでることがあります。また、舌や脈をみているからといって、体質を判断しているとは限らない場合もあります。)

脈は、脈の打つ速さ、力加減、細いか太いか、浮いているか沈んでいるか等の数種類の脈に振り分け、病質:体質(寒・熱)、病位:病の進行具合を診ております。

 

中医法図譜(望診) より

 

参考までに。

体調の優れている方の舌は、ピンク色で苔はさほど無く、型も程よい大きさとなっております。歯型などがついておりません。

 

 

漢方薬を頂く際は、上記の診察(体質判断など適格な処方)を行っている所が良いかと思います。

或いは、漢方専門のクリニック等での受診をおすすめ致します。

 

台湾・中国大陸では、鍼灸治療でも同じように体質を把握して治療を行います。治療方法が漢方なのか鍼灸なのかの違いです。

どのような手順で診療が行われるか知りたい方は、当院HPの『本場の伝統中医鍼灸の診察手順』をご覧になって下さい。

 

 

例として、漢方を扱う先生の学習カリキュラムを記載します。

 

院長の出身校で、台湾にある中国医薬大学は、台湾で唯一の中医学科(鍼灸・漢方専門)の有る医療系単科医科大学です。

座学が5年、西洋医学の臨床見習いが1年、中医学の臨床実習が1年の合計7年間学びます。

どんな科目があるのか紹介します。

 

微積分・普通科学・生物学・普通物理学・医学導論・中医学導論・中医医学史・中医生理学・中医文献学・医学史・有機化学・中医薬物学・中医環境学・中薬炮製及薬材学・中医養生学・生物化学・生物統計学・中医病理学・中医診断学・大体解剖学・組織学・生理学・医学英文・中医方剤学・公共衛生学・神経解剖学・流行病学・薬理学・病理学・鍼灸科学・医学倫理学・中医證治学・心電図学・感染症学・内科学概論・臨床診断学・実験診断学・医院管理与法規・中医内科学・中医眼耳鼻喉科学・消化内科学・中医外科学・腎泌尿科学・心臓内科学・胸腔内科学・神経学・内分泌新陳代謝学・血液腫瘤病学・急症医学・医学研究方法・皮膚科学・外科学概論・中西結合婦産科学・家庭医学 など。

 

西洋臨床見習い

 →内科見習い・外科見習い・婦産科見習い・その他西医臨床見習い12科

 

中医臨床実習

 →中医内科学実習・中医婦児科学実習・針灸科学実習・中医傷科学実習

 

上記は必修です。下記は選択科目の一部です。

 

普通物理学実験・生物学実験・気功学・台湾中草薬学・中医治療学概論 など

です。

 

座学も実習も多岐に亘る教育となっています。

 

故に鍼灸・漢方は医療ですから、扱うには、それなりの学習&経験を積み上げる必要が有ると思います。

(中国医薬大学HPより)

 

当院ブログ『日本では何故中医鍼灸を行っている所が少ないの?中医鍼灸と一般鍼灸との違い?』も合わせてお読みください。

 

 

 

当院は研修で台湾の中国医薬大学にいくことがございます。

写真は、台湾研修の際に、院長が日本の鍼灸学校の学生に解説をしている風景です。

右のシャツの男性は患者さんで、その方の治療に関しての解説をしています。

頭針療法

パーキンソン病・脳卒中後遺症の方に応用される鍼治療の一種です。頭に鍼を刺して、運動療法を加える治療方法で、上記の病の改善に有効です。写真の患者さんは鍼を刺す前は車いすから立てない状態でしたが、鍼を刺した後は車いすから立ち上がり歩行が可能になりました。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top